qaエンジニアのテスト作業と重要な役割

qaエンジニアはアプリケーションやシステムを開発した後で全体の稼働状況をテストする事が主な仕事だ。このエンジニアはアプリケーションの機能面を単体でテストし、その後はシステム全体の可動性を確認する等の様々なテスト作業がある。そのため、新規システムの開発時には大変忙しくなる傾向が強い。

企業が開発するシステムの中には企業内で使用するものだけではなく、外部ユーザーが利用する事で課金が発生するものもある。その為、万が一システムにトラブルが発生した際には返金などを行い対応しなければならない。従って、各分野のエンジニアには慎重な作業が要求される。そして、トラブルが発生した際にはプロジェクトに参加したエンジニアが早急に不具合に対応しなければならない為に多忙を極める事になるのだ。

自社で専門のqaエンジニアを雇用している会社は独自のシステムを開発する事が必要な大手に限られる事が多い。その為、ソフト開発を担うエンジニアが兼任したり、開発チームの中で役割を決めてセキュリティや負荷テストを担当するケースも見受けら複数の職務を担当する事になる。

また、qaエンジニアの求人案件として多いのもはテスト自動化のツールなどを制作することが特徴だ。そのため、品質管理のプログラミング等に携わった経験のある人材が採用されるケースが一般的である。システムの稼働状況の確認作業を自動化は、不具合による重大なトラブルを未然に回避するためには不可欠なものだ。そのため、テストエンジニアの役割が重要だということである。